診療案内|府中市 分倍河原|ねもと整形外科リウマチ科

東京都府中市美好町3-7-30・042-367-1600

診療案内

当院での診療について

整形外科

整形外科は、体の芯となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系からなる「運動器」(体の動きに関係する諸組織・器官)の機能改善を目指す診療科です。
具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめ、肩こり、手足のしびれ、腰痛、膝痛、神経痛など、日常的によく起こる体の痛みや違和感などを扱います。

» 整形外科について詳しくはこちら

各部位別の症状について

リウマチ科

リウマチ患者さんは増えています。
リウマチ患者さんは日本全国で70万人おり、1年に1万5000人が新しく発病しています。30~50歳代の働き盛りに発症することが多く、圧倒的に女性に多く発症しますが、男性にも起こります。
リウマチだと知らずにほっておくと、関節が変形し動かなくなってしまいます。早期発見・早期治療が重要です。

» リウマチ科について詳しくはこちら

一般内科

咳、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで対応いたします。

» 一般内科について詳しくはこちら

リハビリテーション科

リハビリテーションでは、病気や障害、加齢による機能障害について、作業療法などによって機能の回復・改善を図り、日常生活や社会生活への早期復帰を目指します。

» リハビリテーション科について詳しくはこちら

骨粗鬆症外来

骨粗鬆症とは、主に老化や閉経などが原因となって骨の中のカルシウムの量(骨量)が減少し、鬆(す)が入ったように骨がスカスカになり、もろくなる疾患です。

» 骨粗鬆症外来について詳しくはこちら

学童期運動器外来

28年度から学校健診において運動器健診が必須になりました。
当院では小中学生の運動器傷害治療を、リハビリテーション医学会認定臨床医として、レントゲン撮影だけではなく、超音波エコー装置を用いた正確な診断とともに、的確な治療やリハビリテーションを指導いたします。

» 学童期運動器外来について詳しくはこちら

腰椎ペインクリニック外来

薬を飲んでいても「痛みが良くならない」「手術は嫌だ」という患者さんにペインクリニックは最善の治療法です。当院では主に「神経ブロック注射」を行い、痛みを治します。

» 腰椎ペインクリニック外来について詳しくはこちら

手足の外傷に対する日帰り手術

当院では、巻き爪、手指、足指の骨折、ばね指、アキレス腱断裂などに対する日帰り手術を行っております。

» 手足の外傷に対する日帰り手術について詳しくはこちら