腰椎ペインクリニック外来|府中市分倍河原|ねもと整形外科リウマチ科

東京都府中市美好町3-7-30・042-367-1600

腰椎ペインクリニック外来

ペインクリニックについて

ペインクリニックについて

薬を飲んでいても「痛みが良くならない」「手術は嫌だ」という患者さんにペインクリニックは最善の治療法です。
当院では主に「神経ブロック注射」を行い、痛みを治します。
神経ブロック注射とは、炎症を起こした神経の近くに薬(局所麻酔剤)を直接注入することによって「痛み」を抑える治療法です。
神経ブロック注射の目的は、痛みを麻痺させることではなく、「痛みの悪循環」を遮断し、自己治癒力を高めることです。薬の効果は2時間程度で無くなりますが、1回だけの注射で、あるいは何回か繰り返すことで、その後は痛みをぶり返すことなく、徐々に痛みが無くなっていくのは、そのためです。
また、神経ブロック注射とマッサージやリハビリ治療を一緒に行うことで、痛みをより効果的に、短期間で治すことができます。

当院で可能な神経ブロック注射

血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は、いったん服薬を中断しないとできません。
また、持病によってはこの治療を行えない場合もあります。

仙骨部硬膜外ブロック

腰椎椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症、ぎっくり腰などによる腰痛、下肢痛に対して行います。
うつ伏せになって、尾てい骨の上の方にある仙骨裂孔という穴から針を入れ、局所麻酔剤やステロイド剤を注入します。
注入にかかる時間は3分足らずで、ほとんど痛みがありませんが、注射後は30分ほど安静にしてからお帰りいただきます。

以下の神経ブロック注射は、テレビモニターを見ながら疼痛の原因となっている神経を特定して行います。専門的技術を要する治療です。

神経根ブロック

神経に直接針を刺すので少し痛みを伴いますが、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に伴う強い坐骨神経痛に対して劇的な効果があります。
注射にかかる時間は5分程度ですが、1~2時間お休みになってからお帰りいただきます。
痛みの原因となる神経を診断してから行うため、事前にMRI検査が必要となります。

椎間関節ブロック

椎間関節が変形し、それが痛みの原因と考えられる腰痛に対して行います。
注射の痛みはあまりありません。注射にかかる時間は3分程度で、すぐにお帰りいただけます。

仙腸関節ブロック

仙腸関節が痛みの原因と考えられる臀部痛に対して行います。
注射の痛みはあまりありません。注射にかかる時間は3分程度で、すぐにお帰りいただけます。